お茶で中性脂肪をより効果的に下げる

CMや雑誌、TVなどを見ていると、「中性脂肪を下げるにはお茶!」というようなことをよく聞きますよね。これをそのまま鵜呑みにし、よくわからないままに中性脂肪を下げるためにお茶を飲んでおこうと考える人も少なくないと思います。

実際、お茶は毎日気軽に飲めるものであり、お茶を飲むだけで中性脂肪が本当に下がるなら、簡単に我慢や辛いことをしなくてもできると考え、お茶と中性脂肪の関係についていろいろと調べてみました。結果、お茶で効果的に中性脂肪を下げる方法があるとわかったので、お茶と中性脂肪の関係とともにご紹介しますね!

中性脂肪を下げる根拠となる成分はポリフェノールとカテキン

ポリフェノールとカテキン

最近ではペットボトルのお茶でもトクホのマークを摂って脂肪を燃焼!なんて宣伝していますが、含まれる成分の中で中性脂肪を下げる作用があるのがポリフェノールとカテキンという成分です。では 、ポリフェノールとカテキンでは具体的になにがどう違うのでしょうか?

例えば「花王ヘルシア緑茶」は、カテキンには脂肪燃焼効果があるとCMで流れています。一方、「サントリー黒烏龍茶」は、ポリフェノールには脂肪燃焼効果があるとCMで流れています。どう違うのか…?? 

日本カテキン学会のサイトには、

カテキンは、主にお茶に含まれるポリフェノールの一種で、お茶に特有の苦渋味成分のもととなる物質です。

とあり、ポリフェノールという集合体の中の一つにカテキンがあるということです。

少し難しい話なのですが、ポリフェノールはもともと、たくさん(poli=ポリ)のフェノールという意味であり、このたくさんのフェノールの中に、カテキンも含まれているので、実質はほとんど同じ効果になるということですね。

さらに調べてみると、ポリフェノールもカテキンのどちらも、中性脂肪を下げる効果があるということがわかりました。

ポリフェノール

「ウーロン茶重合ポリフェノール」が、小腸で「リパーゼ」のはたらきを邪魔します。 それによって脂肪の吸収が抑えられて、余分な脂肪が体外に排出されます。(引用:黒烏龍茶とは?|サントリー黒烏龍茶

カテキン

脂肪の「①分解」と「②消費」に働く酵素※1の活性を共に高め、脂肪を代謝する力を高める。 (引用:茶カテキンによる体脂肪低減メカニズム

カテキンに記載されている分解と消費に働く酵素というのは、ポリフェノールでも記載がある酵素リパーゼということになります。

これを確認すると、ポリフェノールはリパーゼを働かなくすることで脂肪を吸収させないようにする、カテキンはリパーゼを一生懸命働かせることで脂肪を分解させ続けるという真逆の働きをさせることになります。

おいおい、どちらに転んでも脂肪が減るなんてまがいものではないか…と思いましたが、実際どちらもこの働きを実証してトクホを取得した商品が販売されており、ポリフェノール配合の黒烏龍茶は血中中性脂肪の上昇を20%抑える効果が、カテキン配合のヘルシアは脂肪代謝量を140%向上させる効果が臨床試験によって証明されています。

中でも黒烏龍茶は「烏龍茶重合ポリフェノール」という特徴的な成分がキーになっていて、この具体的なメカニズムは「黒烏龍茶の実際の効果と4つの注意したいところ」で紹介しています。

ですので、中性脂肪をより下げる為にはカテキンか?それともポリフェノールか?という回答にはどちらも同じであるといって差支えはありません。

最もポリフェノールを多く含むお茶の種類は?

成分的に効果が同じということであれば、次に比較する指標として、そのお茶の中にどれくらいのポリフェノール量が含まれているかということです。

当然ながらポリフェノールの含有量が多ければ多いほど、期待できる効果も比例的に高いです。たくさんとったからといって目立つような副作用もありませんからね。そこで市販で販売されているペットボトル飲料のポリフェノール量を調べてみました。

商品名 タイプ ポリフェノール量(100ml中) 定価
サントリー ウーロン茶 烏龍茶 30mg 140円
伊藤園 烏龍茶 濃い味 烏龍茶 96mg 140円
サントリー 黒烏龍茶(トクホ) 烏龍茶 70mg 160円
サンガリア 一休茶屋 ポリフェノール600烏龍茶 烏龍茶 171mg 140円
伊藤園 おーいお茶 緑茶 70mg 140円
花王 ヘルシア緑茶(トクホ) 緑茶 154mg 180円
伊藤園 ヘルシールイボスティー ルイボス茶 14mg 140円
キリン 午後の紅茶 紅茶 40mg 140円
アサヒ 食事の脂にこの1本。 プーアル茶 30mg 140円

データは各商品サイトから独自に引用し、100mlあたりの含有量で計算してみました。 全体としては、緑茶とウーロン茶は全体的にポリフェノール量が多く、意外に紅茶にも多くポリフェノールが含まれているということもわかりました。

9商品の中で最もポリフェノール量が多かったのは、ダントツでサンガリアの一休茶屋ポリフェノール600烏龍茶。正直、トクホマークがついているサントリーの黒烏龍茶か、花王のヘルシアと思っていただけに意外な結果でした。成分量的な側面からはトクホでないお茶の方が中性脂肪対策には最適ということですね。

是非、サンガリアの一休茶屋ポリフェノール600烏龍茶を毎回飲みましょう!と、言いたいですが、あいにくお店でこの商品を見たことは未だありません… 頑張れサンガリア!!w

トクホマークとポリフェノール量は関係がない

となると、ここで疑問が。
「トクホって普通のお茶より体にいいんじゃないの?」と。だからちょっと値段が高くてもなんとなく効きそうなトクホのお茶を選んでしまいがちです。

そもそもトクホというのは、消費者庁が体をよくするという効果効能を伝えてもいいよ!と認めた食品のことをいいます。で、このマークをつけるには、有効性や安全性について厚生労働省から食品安全委員会まで合計7つの審査を受ける必要があり、非常に時間とお金がかかるみたいですね。

なので大手メーカーの商品しかない理由は、研究開発力+許可をとる費用と期間が莫大にかかってしまうからという事ですね。

逆の言い方をすると、トクホは国がその商品の「効果効能だけ」を認めているだけであって、ポリフェノールの量に関しては、トクホだろうが、トクホでなかろうが審査の基準には入っていないということです!

あくまでも個人的な意見ですが、サンガリアさんはおそらく莫大な費用と時間をかけてトクホをとるくらいなら、その費用を研究開発にあて500mlのペットボトルの中にいかにポリフェノールを詰め込めるかを考えているのだと思いますw

結局トクホマークは日本国がその効果効能を認めているけれども、その効果をもたらすポリフェノールの量が多いという訳ではありません。

逆に黒烏龍茶の70mgで効果が出ているのならば、それ以上のポリフェノール量があるお茶なら効果が期待できるともいえなくはないです。

ペットボトルのお茶で中性脂肪を下げることを考えるのであれば、ポリフェノール量が少なくてもトクホという国のお墨付きを選ぶか、トクホがなくても本質的にポリフェノール量が多いもの(しかも値段も安い)を選ぶかの2択、あとはあなたがどちらを信じるか?にかかると思います。

ポリフェノールとカテキンでは飲むタイミングが微妙に違う

次に、せっかく中性脂肪を下げる為にお茶を飲むのであれば、なるべく効果の高いタイミングでお茶を摂取したいですよね。

ただ、ポリフェノールとカテキンでは、中性脂肪を下げる効果は同じだけれども最適な飲むタイミングは実は微妙に違います。

まずは、ポリフェノールの最適な飲むタイミングについて黒烏龍茶を販売しているサントリーさんに電話で確認してみると、食中〜食後30分以内に摂取してくださいということでした。

胃に入った食べ物は食後30分ほど胃の中に滞留しており、その間に活動するリパーゼの働きを抑えるために、この時間に飲んだほうが良いのだそうです。

対してカテキンの最適な飲むタイミングは、ヘルシア緑茶を販売している花王さんに電話で確認してみると、「ヘルシアは飲み続けることでリパーゼに対して継続的に作用し、活動を活性化させることができるので、飲むタイミングは関係ない」

とのこと。 ただ、カフェインが配合されているので、夜寝る前に飲むと寝付きにくくなる可能性はあるから気をつけてくださいとのことでした。

まとめますと、ポリフェノールは食中〜食後30分以内、カテキンは夜寝る前以外はどのタイミングでも飲んでOKということでした。

ペットボトルより沸かしたお茶で中性脂肪を効果的に下げる

「急須にいれたお茶とペットボトルに入れたお茶、味だけでどちらかわかるか?」というTVCMが一時期有名になりましたね。この時は味の比較でしたが、もう一つ興味深い事実として、 ポリフェノールの量は急須で入れたほうが、ペットボトルのお茶より1.4倍多いということがわかっています。少し手間でも40%増になるのはなかなか見逃せない数値です。

綾鷹サイトでは、「おいしい急須のお茶のいれ方」についての動画を公開しているので、家でお茶を沸かして飲もうと考えている人は一度見てみてもいいかもしれません。お茶を美味しくするポイントとして、少しだけ手間をかけるという内容がわかりやすくまとまっています。

入れるのが面倒くさいなら、やはりお茶系サプリメント

勉強になりました!が、ここで一つ問題が…。
家で毎日これはできませんね…。お茶を飲む専用の器・急須・湯冷ましを用意して、急須の前に湯冷ましでお湯を冷まし、じっと1分半待ち、その後つぎ分ける様にして少しづつ器に注ぐという工程を毎日続けようと思ったら大変です。
しかも運動と食事の30分前に毎回この工程で急須でお茶をいれて飲むことなんてしていたら、たちまち喉が渇いて中性脂肪を下げるどころではなくなってしまいます。

そういう方には、やはりサプリメントがオススメです。手軽に摂取できる、決まったポリフェノール量を摂取できる、安定的な質のポリフェノールが摂取できるという3点の理由で急須で入れることを諦めてポリフェノールはサプリメントで摂取しています!

わたしが実際に摂取している、黒烏龍茶カプセルの使用記もありますし、サプリメントタイプではなく、あくまでお茶として楽しみたいのであれば、大正製薬から水やお湯をいれるだけでさっとお茶で飲めるその名もズバリ「血中中性脂肪が高めの方の緑茶」なんてのも発売されています。これはお茶としてのクオリティもかなりのハイレベルなうまさです。

血中中性脂肪が高めの方の緑茶に水を入れて溶かして飲む

めんどくさいからとにかくさっと手軽に飲みたいという方には、この2つのサプリメントの使用も考えてみては?と思います。

それぞれどんなアイテムか、どれだけ中性脂肪が下がったのかレビューしていますので、下のリンクからご覧ください。

私のおすすめする中性脂肪対策サプリメントBEST3

黒烏龍茶カプセル

黒烏龍茶カプセル

推奨度:★★★★★
私も続けている押しサプリメント。重合ポリフェノールの力で、中性脂肪を抑制してくれる。ペットボトルよりも多めに飲みやすくて続けやすいのが特徴。

血中中性脂肪が高めの方の緑茶

きなり

推奨度:★★★★
DHA・EPAサプリでおなじみアイテム。2ヶ月飲んでみた後輩F君の中性脂肪値を約30%減らした実績が!

さかな暮らしダブル

さかな暮らしダブル

推奨度:★★★★
EPAが4粒に600mgと粒系サプリメントでは最大級配合された中性脂肪を下げる機能性食品。価格でリーズナブルで効果と両立性が高い。

中性脂肪への疑問を解決する
中性脂肪は脂肪とどう違う?
生活習慣病は短期的に起こるわけではない
痩せているからといって安心ではない
中性脂肪対策のウソ・ホントを追跡!
年代ごとの中性脂肪の平均値と対策の必要性は?
中性脂肪を下げ続けるための対策法
中性脂肪対策は言うは易く行うは難し
カロリー計算を中性脂肪対策に活用する
失敗した対策方法
長く続けられる中性脂肪を減らす食事対策
中性脂肪を下げ続ける運動って実は…
【続報】中性脂肪値511を99に下げた友人の驚きの対策方法
サプリメントを効果的に活用しよう!
中性脂肪を下げるサプリメントの選び方と、成分別のおすすめアイテム
お茶で中性脂肪をより効果的に下げる
黒烏龍茶の実際の効果と4つの注意したいところ
黒烏龍茶の効果を黒烏龍茶カプセルで検証
血中中性脂肪が高めの方の緑茶試用記~1日1回飲むだけで本当に下がる!?
さかな暮らしダブルがDHA/EPAサプリの中で中性脂肪対策に最もベストである理由
DHA&EPAサプリ「きなり」を2ヶ月飲んで中性脂肪値を30%減らした体験記
イマークS試用記
シボヘールはダイエットだけでなく、中性脂肪を下げる効果も!?そのメカニズムと口コミは?
DHCの健康食品 ポリフェノール試用記
アサヒ 若摘むりんごポリフェノール試用記
リフレ すごいDHA&EPA試用記
メタバリア試用記