さかな暮らしダブルがDHA/EPAサプリの中で中性脂肪対策に最もベストである理由

さかな暮らしダブル

さかな暮らしダブルは、マイケアという会社から販売されているDHA/EPAサプリです。

さらに、ただのどこにでもあるサプリメントではなく、消費者庁に効果のデータを提出して、認可を得た機能性表示食品であり「効果効能を正々堂々と言っていい!」という普通よりもやや信頼性の高いサプリであるといえますね。

私はこのサイトを運営するにあたって中性脂肪サプリをいろいろと試しているのでスペックを見てわかったのですが、さかな暮らしはDHA/EPAサプリで中性脂肪対策するならもっとも効果的でコスパも良いアイテムといえます!

なぜさかな暮らしは、これほどまでにメリットがあるのか、他のDHA/EPAサプリと比較しながら、実際に試したレビューも致しますので、さかな暮らしに興味を持っている方は購入する際の参考にしてみてください。

さかな暮らしで一日に必要なDHA/EPAの86%をカバーすることができる

さかな暮らしのDHA/EPAの含有量は860mgと、他のサプリに比べて圧倒的に多いことが特徴です。では、なぜ含有量が多ければ多いほど良いのかをまずご説明しましょう。

まず、DHA/EPAが効果的なのか、農林水産省のサイトにはこのように説明されています。

EPAやDHAには冠動脈疾患だけでなく脳梗塞や加齢黄斑変性症に対しても予防効果が認められていることから、日本人の食事摂取基準では目標量の下限が設定されており、特にEPA及びDHAについては1 g/日以上、魚に換算すると約90 g/日以上の摂取が推奨されています。
参照:http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_eikyou/fat_eikyou.html

冠動脈疾患や脳梗塞は血のつまりによって引き起こる病気ですので、要するにDHA/EPAを食べれば血をサラサラにすることができるということですね。

さらに驚きなのは、1日あたりの推奨摂取量が1g=1000mgと、かなり多めに取る必要があるということです。3食の中のどれかに必ず魚のメニューが入っていないと到底達成できない量ですね。

その点さかな暮らしだったら、860mgと、1日に必要な量の86%はカバーできることになるので、普段の食事で魚が少なくても、安心して推奨量を毎日摂れることになります。

DHA/EPAの中で中性脂肪対策に特に効果的なのはEPAだけ

さらにもうひとつ、中性脂肪を下げる上で、見逃してはいけない事実があります。

ひとことでDHA/EPAといっても、正式にはDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)の2つの成分の総称です。

実は中性脂肪にも効果的なのは、両方ではなく、特にEPAが重要視されているなのです。

EPAの重要性について、DHA/EPAのトクホサプリ「イマークS」を販売しているニッスイに電話で確認してみることにしました。

「DHAとEPAにはどういう効果がありますか?」と確認しました。

すると、「EPAは血管に弾力を与えて健康な状態に保つと共に血液をサラサラにする効果が、DHAは脳や網膜などの神経系に豊富に含まれる栄養素で大人の認知症の予防や子供の記憶力を上げる効果が期待できる成分です」と説明を受けました。

ん?中性脂肪対策と関係ないですね…次に、「DHAには中性脂肪を下げる効果はないということですか?」と質問すると、「DHA単体で考えるとそうですね。」という返答でした。意外な返答に戸惑う私。。

「ではなぜEPAとDHAが一緒に表記されていることが多いのですか?」と聞くと、「ニッスイで販売されているイマークSはイワシから成分を抽出していますが、EPAだけ抽出することができず、EPAと一緒にDHAも抽出されてしまう為、合わせて商品に表記している」ということでした。

つまり電話を受けた結果では、EPAは中性脂肪対策成分であり、DHAは認知症対策成分ということになります。

意外と見落としがちですが、中性脂肪対策サプリを選ぶ際には、DHA/EPA配合量も重要であるものの、その中でもEPAの配合量が特に重要ということになります。

では、さかな暮らしは、EPAの配合量は多いのか?他のDHA/EPAサプリとEPAの量を比較してみます。

さかな暮らしダブルは他サプリと比較してもEPAがトップクラスに多い

さかな暮らしダブルの成分表記

さかな暮らしダブルの成分を確認してみると、860mg中EPAが600mg配合されています。

この量がどれくらいすごいのか、他の一流メーカーのDHA/EPAサプリとのEPA含有量を比較してみることにしました。

  さかな暮らし イマークS きなり サントリーEPA 大正DHA/EPA
EPA配合量 600mg 600mg 49mg 100mg 200mg
単価 4.2円
17.5円 77.3円 55円 19.4円

イマークS以外の粒系のサプリメントと比べるとその量は圧倒的。10倍~3倍の開きをつけ、他を寄せ付けない配合量です。

また、同率首位であるイマークSは、国から効果効能を正式に認められたトクホ商品です。この商品と同じ配合量であるという点からも中性脂肪対策への効果が期待できますし、イマークSはドリンクタイプで携帯性に欠け、さらに単価で計算すると、さかな暮らしが4.2円に対してイマークSが17.5円とさかな暮らしの方が3倍もお得と言えます。

検証結果でも、中性脂肪を下げる効果が実証されている

消費者庁に届け出をおこなった機能性表示食品ですから、効果に関してウソ偽りは少ないとは思うのですが、実際にメーカーが血中中性脂肪値が120mg/dl~200mg/dlの人に対照飲料との比較実験をおこなったところ、4週間で血中中性脂肪値が24.1mg/dl低下したとの実験結果があります。

このように数字を見ればすでに何が言いたいのか明らかだと思いますが、さかな暮らしダブルは、数あるDHA/EPAサプリの中で、EPAの配合量が最も多く、期待できる効果ではお得なサプリメントであるということがわかりました。

次に、実際にさかな暮らしはどんなサプリなのか実際に飲んでみることにします。

1粒が大きめで、のど越しはあまり良くないが…。

さかな暮らしダブル同梱物一覧

公式サイトで注文すると、3日ほどで到着。

薄いダンボールの中に、さかな暮らしダブルとお届け明細、それに送料変更のお知らせの3つだけ入っていました。

商品の説明などが記載された同梱物が一切入っていないところに潔さを感じますねw

袋の大きさはコンビニでよく売っているDHCのサプリよりも一回り大きく分厚い印象を受けました。180粒入りですからね。そこそこ大きいのもわかります。

では、開封の儀。ドラゴンボールの色と酷似した楕円状のカプセルがぎっしり入っています。開けた瞬間匂いが漏れてくることがなかったので無臭認定していたのですが、鼻を突っ込むと…いくらのしょうゆ漬けのような匂いがしますw

さかな暮らしダブルの粒

生臭いけど醤油っぽい匂いもするという不思議な匂いです。同じDHA/EPAサプリのきなりの場合はほぼ無味無臭だったので、意外感を感じてしまいます。

さかな暮らしダブルの形状

粒の大きさは、1粒9mm×14mmと成人男性の小指の爪とほぼ同じ大きさです。厚みもあるので、1日分である6粒を一気に飲むのは無理です。

水で流しこんでも喉を通っている感覚があるので、少し飲みにくいと感じる人もいるでしょう。

においこそ若干あるものの、口に入れて舌で転がしてもカプセルでしっかりコーデティングされており、味が漏れ出すことはありませんでした。

試しに歯でカプセルを割ってみることに。表面がツルツルなので、プニュっとした感触かなと思いきや、思った以上に固く、噛み割る瞬間は飴を噛んだようなかりっという音がしました。

噛んだ後は、液体のようなものが出てくる感覚は感じなかったのですが、ほんのーり口の中が磯臭くなりやはり気分が悪いので、噛み砕かずそのままいさぎよく飲み込みましょう。

空腹時では吸収が悪くなり、毎食後に飲めば、よりEPA吸収力が高まる

さかな暮らしダブルの粒

気になったのが、1日6粒はいつどのタイミングで飲めばいいのかということ。

あいにくさかな暮らしはサプリメントのため、サイトを見ても飲むタイミングが記載されていません。

そこで、EPAが配合されている医薬品とかはいつ飲むのかなー?と調べてみると、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構サイトを発見。その中から、エパデールTという、中性脂肪が高い人が飲む医療用医薬品のページを確認してみると、

空腹時に服用すると成分の吸収が悪くなるので,食後すぐに服用してください。
参照:http://www.info.pmda.go.jp/ogo/K1304000002_04_01

と記載がありました。

エパデールTにもさかな暮らしダブルと同じく、EPAが600mg配合されているため、やはりさかな暮らしダブルも吸収力を考え毎食後に2粒づつ摂取した方が良さそうですね!

口コミは1件だけだが効果があるという内容

さかな暮らしダブルに期待できる効果は理解できたけれど、本当に飲み続けることで中性脂肪対策に効果的と言えるのか、実際に使った人の口コミを確認してみることにしました。すると、画像付きで効果について言及している口コミが!

さかな暮らしを飲み続けて211まで下がりましたよ(それでも高いんですが)
参照:https://itakayumukumi.com/post-3007/#1

211とは中性脂肪値のことですが、元々322ですし、確かに健康診断の画像付きで紹介されている。まだまだ危険値ですが、1年で100近く減らしているのは評価できますね。普段の生活がよっぽどよくないのかな…w

では、他の方は??と口コミを調べてみましたが、残念ながら効果について言及している口コミがない・・・楽天もないし、アマゾンもないし、@cosmeのサプリランキングにも口コミがありませんでした。

口コミの情報は少ないですが、ここについては情報が出て気次第アップデートします!

やや飲みにくいのを毎日我慢強く続ける自信がある人にはさかな暮らしダブルは非常にオススメ!

さかな暮らしダブル

ここまでさかな暮らしダブルを確認しましたが、やや飲みにくいという欠点をのぞくと、EPAを大量に配合・高コスパ・機能性表示食品で信頼できるという3点からオススメできるサプリであると思いました。

総合評価をしてみるとこのような感じです。

効果の信憑度 ★★★★★(イマークSと同じEPA配合量)
味、飲みやすさ ★★★(1日6粒は少し多いし魚くさい…)
続けやすさ ★★★(1日3食毎食後は標準的)
コスト ★★★★(1日84円と非常に安い)
総合評価 ★★★★(毎日6粒を忘れずに飲める人ならアリ!)

次に他のサプリとのコスパの比較です。

  さかな暮らし きなり イマークS
一日摂取量 1日6粒 1日4粒 1日1本
1ヶ月あたり価格 3,024円(単品)
2,721円(定期購入)
1,980円(定期購入初回)
3,790円(定期購入2回目以降)
7,777円(2袋定期購入2回目以降)
5,400円
20本(20日分定期購入)
一日あたり価格 100円(単品)
90円(定期)
32円(定期購入初回)
126円(定期購入2回目以降)
259円(2袋定期購入2回目以降)
270円

さかな暮らしは、定期購入で税込み2,721円です。1日あたりに換算するとちょうど90円なので非常にお買い得ですね!同じ量のEPAが配合されているトクホのイマークSは1日あたり270円ですのでさかな暮らしダブルの価格の安さが際立っていますね!

ただ、問題は毎食後磯臭さを感じるカプセルを2粒ずつ飲まないといけないという点です。毎日、毎食後となると移動中も持ち歩かないといけないですし、飲み忘れのリスクは少しあると思います。

これが、苦にならない!という人には、本当にさかな暮らしダブルはオススメですので、是非試してみてください。

私のおすすめする中性脂肪対策サプリメントBEST3

黒烏龍茶カプセル

黒烏龍茶カプセル

推奨度:★★★★★
私も続けている押しサプリメント。重合ポリフェノールの力で、中性脂肪を抑制してくれる。ペットボトルよりも多めに飲みやすくて続けやすいのが特徴。

血中中性脂肪が高めの方の緑茶

大正製薬 血中中性脂肪が高めの方の緑茶

推奨度:★★★★
1日1回、好きな時に飲めるお手軽感No1のサプリメント。お茶としての品質も良く、しかもトクホ取得の信頼性の高い中性脂肪サプリ!

さかな暮らしダブル

さかな暮らしダブル

推奨度:★★★★
EPAが4粒に600mgと粒系サプリメントでは最大級配合された中性脂肪を下げる機能性食品。価格でリーズナブルで効果と両立性が高い。

中性脂肪への疑問を解決する
中性脂肪は脂肪とどう違う?
生活習慣病は短期的に起こるわけではない
痩せているからといって安心ではない
中性脂肪対策のウソ・ホントを追跡!
年代ごとの中性脂肪の平均値と対策の必要性は?
中性脂肪を下げ続けるための対策法
中性脂肪対策は言うは易く行うは難し
カロリー計算を中性脂肪対策に活用する
失敗した対策方法
長く続けられる中性脂肪を減らす食事対策
中性脂肪を下げ続ける運動って実は…
【続報】中性脂肪値511を99に下げた友人の驚きの対策方法
サプリメントを効果的に活用しよう!
中性脂肪を下げるサプリメントの選び方と、成分別のおすすめアイテム
お茶で中性脂肪をより効果的に下げる
黒烏龍茶の実際の効果と4つの注意したいところ
黒烏龍茶の効果を黒烏龍茶カプセルで検証
血中中性脂肪が高めの方の緑茶試用記~1日1回飲むだけで本当に下がる!?
さかな暮らしダブルがDHA/EPAサプリの中で中性脂肪対策に最もベストである理由
DHA&EPAサプリ「きなり」を2ヶ月飲んで中性脂肪値を30%減らした体験記
イマークS試用記
シボヘールはダイエットだけでなく、中性脂肪を下げる効果も!?そのメカニズムと口コミは?
DHCの健康食品 ポリフェノール試用記
アサヒ 若摘むりんごポリフェノール試用記
リフレ すごいDHA&EPA試用記
メタバリア試用記