シボヘールはダイエットだけでなく、中性脂肪を下げる効果も!?そのメカニズムと口コミは?

シボヘールのパッケージ

以前同じ機能性表示食品で名前も似ているシボガードを購入してレビューしましたが、実は同じ発売元のハーブ健康本舗さんからは、同じく機能性表示食品で名前がよく似たシボヘールという商品も発売されています。

「名前が似ているし、脂肪を減らすと書いてあるから、中性脂肪を下げる効果があるのかな??」と思い公式サイトを見てみると、「体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲系を減らす機能性表示食品」と”中性脂肪”とダイレクトには書いてありませんね…。

これは名前は似ているけれどダイエットサプリなのかな?と思いましたが、さらに詳しく調べてみるとどうやらそうでもないことがわかりました。

そこで、シボヘールに期待できる効果となぜシボヘールで中性脂肪が減ると言えるのか、使用者の口コミや私が使用した感想、さらに、シボヘールはこういう人にオススメという点についても紹介しています。

シボヘールについて興味のある方はチェックしてみてください。

証明されている機能の中に、中性脂肪を下げるという効果は記載されていないが…

先述の通り、シボヘールは消費者庁に臨床試験での効果を届け出て認可された機能性表示食品で、その効果についてさらに国に審査を受けているトクホ(特定保健用食品)ほどではないものの、実際にメーカーの責任で臨床試験を行っているので、何も表示されていないサプリよりはある一定の効果があることが証明されています。

そのシボヘールが届けている効果は、お腹の脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)、ウエスト周囲、体重を減らす効果というもの。

具体的な臨床試験では、BMI(肥満度を示す体格指数)が25~30の肥満気味な被験者97名を対象に、葛の葉由来イソフラボン配合成分を12週間(約3ヶ月)摂取した効果が比較した結果を下記のように記載されています。

シボヘールの臨床試験グラフ

具体的な臨床試験では、お腹の脂肪が12週間で20cm、内臓脂肪の断面積が 12週間で8cm、皮下脂肪の断面積が12週間で13cm減少したということです。

今までのサプリだと、中性脂肪値など体内の数値を減らすことに対して効果を証明していましたが、シボヘールの場合は、体の見た目の減少幅を効果として届けていることがダイエット的といえますね。

次に、実際に使った方の口コミを調べてみましたが、Yahoo!知恵袋やGoogleで「シボヘール 中性脂肪」や「シボヘール 効果」で画像検索しても、お腹のbefore→afterの様子や体重計を用いて、痩せた!と報告している口コミはあるけれども、中性脂肪が下がったと報告している口コミはこれまた0件。

うーん中性脂肪を下げるという意味ではやはり効果ないのかと、最後に、あまり有名ではないですが、ダイエットカフェというダイエットサプリに対しての口コミを投稿するサイトをみてみることに…

シボヘールの口コミが182件あり1つ1つ目を通すと、1件だけ下記のような口コミを発見!

“食事制限も定期運動もしていません。3ヶ月きっちり飲み続けましたが、体重、ウエストサイズ、ともに変化ありません。ただ、健康診断の「中性脂肪」の数値が、1年前までよりかなり下がって、正常範囲内になりました。体内に効いているのか??わかりません…

ほおほお!シボヘールがアピールしている体重やお腹周りの減少効果は感じることができなくて、逆に中性脂肪が下がったと…

そこで、なぜシボヘールを飲んで中性脂肪が下がったのか、配合成分である葛の葉由来イソフラボンの効果を中心に再び調べてみることにしました!

ダイエット≒中性脂肪が下がると言える理由

シボヘールの裏面の成分一覧

そのシボヘールの主要成分を見てみると、葛の花由来イソフラボンというのが脂肪に関係する唯一の成分のようです。あとはパラチノースや二酸化ケイ素といった成分が入っていますが、いずれも粒を固めるための添加物ですね。

葛の花由来イソフラボンの作用はこのようにまとめられています。

“本品には、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が含まれます。葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があることが報告されています。肥満気味な方、BMIが高めの方、お腹の脂肪が気になる方、ウエスト周囲径が気になる方に適した食品です。”

これを見る限りダイエットには最適そうですが、なぜ中性脂肪が下がるのかはわかりませんね… 。

しかし、「そもそもなぜ太るのか?」ということを考えてみるのかと考えてみると、中性脂肪とも密接に関連することがわかってきました。

食べ物から摂取したカロリーで、消費されなかった余剰分は、まず中性脂肪として血液の中に蓄えられます。

そして、さらに血液の中でも蓄えきれない中性脂肪が内臓脂肪や皮下脂肪になって蓄えられてしまい、ウエストまわりや皮膚の下に脂肪が定着し、結果として体重が増えていくメカニズムです。

皮下脂肪や内臓脂肪は、中性脂肪という線路を通ってやってきた脂肪たちの終着駅と考えても良さそうですね(笑)

つまり、中性脂肪、皮下脂肪、内臓脂肪もついている場所が違うだけで、同じ脂肪であることには変わりありません。だとしたらシボヘールが中性脂肪も下げる効果があることも納得できます。

あとは主要成分である葛の葉由来イソフラボンが、脂肪がついている場所だけに影響されるのか、それとも中性脂肪を含めた体内全体の脂肪に影響を与えるのかどうか調べてみることにしました。

葛の葉由来イソフラボンが中性脂肪を下げるメカニズム

では、シボヘールに含まれる葛の葉由来エキスの効果を具体的に紹介しながら、中性脂肪との関連性について見ていきますね。

シボヘールの脂肪分解メカニズム

脂肪の合成を抑える=そもそも中性脂肪ができない

まず、パンフレットに書いてあることをよくみると、摂取した過剰なカロリーは、分解されずにまず肝臓で中性脂肪として合成され血液に滞留し、その後全身に回って内臓脂肪や皮下脂肪として蓄積されてしまうと書かれています。

しかし、葛の花由来イソフラボンは、余ったカロリーが肝臓で合成される前に、その合成自体を阻害する機能があります。

つまり、そもそも脂肪になる前段階をブロックするので、中性脂肪ができないということにつながりますよね。

脂肪の分解を促進する=中性脂肪も減少する

シボヘールには、体内に蓄積されてしまった脂肪を脂肪酸へ分解することで、エネルギーとして消化される効果も期待できます。

一見、中性脂肪と関係ないように思えますが、中性脂肪と体脂肪はどうちがうの?ページでも紹介しているとおり、100%中性脂肪=体脂肪とは言い難いものの、体脂肪計で計測した数値で中性脂肪の数値も連動するということがわかっています。

ですので、脂肪を分解して脂肪量を減らしてくれるのであれば、中性脂肪の減少にも一役買ってくれるといえるということですね。

脂肪の燃焼を促進する=中性脂肪の合成が阻害される

体脂肪が分解されてできた脂肪酸は、体内にある褐色脂肪細胞によって燃焼され、熱に変わったり、全身の筋肉で消費されます。

しかし、年とともに褐色脂肪細胞も減少し、脂肪酸が燃焼されにくくなります。年齢が高くなるとメタボになるというのはまさにこの理由です。

すると、燃やされなかった脂肪酸同士が合成されて、まず中性脂肪になり、その後内臓脂肪や皮下脂肪に変化してしまいます。

葛の葉由来イソフラボンは、褐色脂肪細胞の働きをサポートして脂肪酸の燃焼力を高めてくれるので、中性脂肪が合成されにくくなる効果があるということですね!

シボヘールは3つの脂肪への効果で中性脂肪を減らすとともにつきにくくしてくれる

ここまでみると、シボヘールの主成分である葛の花イソフラボンは、なにも内臓脂肪や皮下脂肪そのものを減らす効果だけではなく(分解促進効果)、そもそもカロリーが脂肪になることを妨害する効果があることもわかりますよね。

食べ物から摂取した余剰なカロリーが脂肪に代わると、まず中性脂肪となることからそれが妨害されるということは中性脂肪を減少させる効果につながり、結果として内臓脂肪や皮下脂肪も減ることにつながりますよね。

口コミの方は、中性脂肪は下がったけれども、体重は減っていないとお悩みを抱えているようでした。これはもしかすると、分解促進効果が弱く、妨害効果の方が高かったと言い換えることができるのではないでしょうか?

もちろん、中性脂肪が減少しているということは、長い目で見れば、内臓脂肪や皮下脂肪になる原因物質自体がなくなるので、体重やウエストサイズが減少し始める傾向でもあるといえます。

ですので、もう少し頑張って続けてみれば効果がより実感できるのかもしれません。臨床試験でも3ヶ月続けた結果で効果を証明しているので、ある程度長く続ける必要がありますし。

ともあれ、試してみないとこれ以上はなにも言えないと考え、注文してみることにしました。

実際にシボヘールをのんでみたが、ストレスなくスムーズに飲めるサプリ

シボヘールのパッケージ

中性脂肪が下がる可能性があるなら、飲まない理由はない!ということで、早速公式サイトからポチッと購入。

シボヘールと共に、商品の機能を表すA4サイズ8P分の冊子もついていました。

商品自体はスーパーで売っているDHCのサプリほどの大きさのアルミパウチ型なので、持ち歩きにも便利ですし、家に置いておいても邪魔にはなりません。

では、早速開封。

シボヘールの粒

パウチをハサミで切り中身を嗅いでみると、お灸のような匂いがつーんと香ります。ただ、開けた瞬間香ってくるのではなく、よく嗅いでみないとわからないレベルなので、あまり気にならないでしょう。

粒自体はやや厚みがありますが小さく、4粒一気に飲んでも気にならない大きさです。

シボヘールの粒

おそらく表面がコーティングされており、5秒ほど舌で転がしても味がしません。ただ、それ以上舐めていると苦い野草の様な味がじわーっと広がってくるので、ゴールデンタイムである5秒間の間に、噛まずに水で流し込むことをオススメします。

今まで色々サプリを飲んできましたが、よくある一般的なサプリの飲みやすさなので、だれでも飲みやすいとおもいます。

いつ飲んでも大丈夫だが、中性脂肪を防ぎたいのであれば夜ご飯の前に飲むのがオススメ

シボヘールは脂肪の合成自体をブロックし、すでについている脂肪を分解し、さらに燃えやすくするという3つのポイントから、中性脂肪対策をしてくれるということがわかりましたね。

すでにある中性脂肪への対策と、新たに付く中性脂肪への対策が両方でできるためか、公式サイトでも飲むタイミングは選ばないと記載があります。

“起床後や、お食事の前など飲み忘れにくく習慣にしやすいタイミングでお飲みいただくことをお勧めしております。”

ただ、シボヘールを見る限り一般的な錠剤で、お腹の中で効果を長く持続させる様なコーティングをしているようにもみえません。ですので、朝飲んだシボヘールが夜まで効果が持続できるのかな?とも思います。

新たに付く中性脂肪への対策をより重視するのであれば、私は晩御飯の前に4粒飲むのがいいのではとおもいます!ちなみに、この飲み方は私独自の考え方による飲み方なので、参考程度にしていただければと思います。

1日100円以内でおさまるためコスパはいい!

では、他の中性脂肪対策サプリと比較して、シボヘールはどうなのか?
私が飲んでいる黒烏龍茶カプセル、友人F君が効果を体感したきなり血中中性脂肪が高めの方の緑茶の3つと比較してみます。

定期購入で申し込むと初回は980円、そのまま購入をつづけると12.7%OFFの2,808円で購入することができます。

比較する3つの中性脂肪サプリはどれも高コスパのものばかり並べましたが、これらと並べても遜色がないほどのコスパであるといえますね!

  シボヘール きなり 黒烏龍茶カプセル イマークS
一日摂取量 1日4粒 1日4粒 1回2粒×3食 1日1本
1ヶ月価格 980円(定期初回) 2808円(定期2回目以降) 1,980円(定期購入初回)
3,790円(定期購入2回目以降)
980円(定期購入初回)
2,975円(定期購入2回目以降)
5,400円
20本(20日分定期購入)
一日あたり 32円(定期初回) 93円(定期2回目以降) 66円(定期購入初回)
126円(定期購入2回目以降)
32円(定期購入初回)
99円(定期購入2回目以降)
270円

ちなみに、私が紹介しているシボヘールのページでは下記の値段で購入できますが、別のページから購入すると、初回2,600円とかなり割高になるので、購入される際はこちらのサイトからの方がお得に購入することができます!

ダイエットのついでに中性脂肪を下げたい方にはオススメのサプリメント

シボヘールのアルミパウチ袋とパンフレット

シボヘールは、臨床試験において外見上で腹囲が3ヶ月で20cm減少した!という効果を証明しているサプリなので、そもそも最近太ってきたり、お腹がだらしなくなってきたりした人が、ダイエット目的で使うサプリです。

なので、公式サイトには、中性脂肪が下がるとは一言も書いていませんし、実際臨床試験での結果もありません。

しかし、中性脂肪も皮下脂肪も内臓脂肪ももとをたどれば同じ脂肪。主成分の葛の花イソフラボンの効果をよく調べてみれば、そもそも食事で摂ったカロリーが脂肪になる前にブロックしてくれる効果があります。

カロリーが脂肪に変わった場合、まず中性脂肪として血管を流れるので、そう考えれば、そもそも脂肪ができない=中性脂肪も発生しないということになりますよね。

口コミでシボヘールによって、実際に下がった人がいるというのもこういった効果が発揮されたのだと思います。

飲みやすくて、コスパもいいので、続けやすいという観点からも、継続性が重要な中性脂肪対策にも適したサプリであるといえますし、すでに中性脂肪を通り越して内臓脂肪や皮下脂肪もついてお腹ブヨブヨになった人が同時に対策できるサプリということができます。

そういった面から、中性脂肪対策と同時にすでにお腹周りも同時にダイエットしたいという人にはオススメなのではないかと思います。

逆にデメリットとしては、やはり、中性脂肪に対してどれだけ下がったのか具体的な数字がでていないということ。 これはぜひ追加で臨床試験をやってもらえればより信憑性が増すのでは?と思います。

メカニズムを見る限り中性脂肪が下がるとはいえますが、あくまでも理論上下がるということがいえるというレベルの話です。

シボヘールの効果実感説明箇所

あと、効果が実感できるまでは、臨床試験の結果上、最低12週間(約3ヶ月)必要ということ。他のサプリだと、1ヶ月で数値が下がるものもありますが、パンフレットによると、それくらいの時間では変化を感じにくいようです。

やはり見た目まで改善しようとすると、それなりの時間は必要なようです。

3ヶ月分だと最低6596円(定期購入の場合)の投資となるので、そのくらいのお金と時間をかけるに見合うサプリかどうかはご自身でご判断ください。

シボヘールの実効性については、私も気になるので、飲み続けて中性脂肪が本当に下がるのか今後検証してみたいと思います。

効果の信憑度 ★★★(機能性表示食品ではあるが、中性脂肪が下がるという臨床結果はないため)
味、飲みやすさ ★★★★(無味無臭、小粒で飲みやすい)
続けやすさ ★★★★(1日4粒、いつのんでもいい)
コスト ★★★★(100円台で収まりコスパは良)
総合評価 ★★★★(ダイエットと併せて中性脂肪を下げたい人にはオススメ!)

(各項目★5つを最高として5段階評価)

中性脂肪への疑問を解決する
中性脂肪は脂肪とどう違う?
生活習慣病は短期的に起こるわけではない
痩せているからといって安心ではない
中性脂肪対策のウソ・ホントを追跡!
年代ごとの中性脂肪の平均値と対策の必要性は?
中性脂肪を下げ続けるための対策法
中性脂肪対策は言うは易く行うは難し
カロリー計算を中性脂肪対策に活用する
失敗した対策方法
長く続けられる中性脂肪を減らす食事対策
中性脂肪を下げ続ける運動って実は…
【続報】中性脂肪値511を99に下げた友人の驚きの対策方法
サプリメントを効果的に活用しよう!
中性脂肪を下げるサプリメントの選び方と、成分別のおすすめアイテム
お茶で中性脂肪をより効果的に下げる
黒烏龍茶の効果を黒烏龍茶カプセルで検証
血中中性脂肪が高めの方の緑茶試用記~1日1回飲むだけで本当に下がる!?
DHA&EPAサプリ「きなり」を2ヶ月飲んで中性脂肪値を30%減らした体験記
イマークS試用記
シボヘールはダイエットだけでなく、中性脂肪を下げる効果も!?そのメカニズムと口コミは?
DHCの健康食品 ポリフェノール試用記
アサヒ 若摘むりんごポリフェノール試用記
リフレ すごいDHA&EPA試用記
メタバリア試用記